電気電子物理工学科

トップ > 学科紹介

メッセージ

20世紀、電気エネルギーは社会生活に欠くことのできないエネルギー源となり、エレクトロニクスや情報通信はスマートな社会を創成するのに必須の技術となりました。そして、21世紀には、あらゆるモノやサービスにこれら電気電子の技術が入りこむことで、安全で快適な生活を実現しようとしています。今後、人類は、エネルギー需要の増大、高齢化社会の到来、地球温暖化など様々な問題を解決しなければなりません。そのために電気、情報通信、エレクトロニクス、機能性材料を基盤とした一層の技術革新が求められています。

今、これまでの学問分野のさらなる発展はもちろんのこと、従来の学問分野から派生した新しい境界領域への挑戦が必要とされています。自由な発想を持って新分野に立ち向かってゆく研究者を育むため、大学は創造性と柔軟性に富んだ教育・研究のための環境へと自己改革をしようとしています。

社会が抱えるこれらの課題を解決するためには、既存技術の発展はもちろんのこと、新たな光・磁気物性やセンシング技術等、境界領域への挑戦が必要とされています。自由な発想を体得して新分野に立ち向かってゆく技術者・研究者を育むために教育研究基盤を拡充し、2018年4月埼玉大学工学部 電気電子物理工学科が生まれます。

電気電子物理工学科ではこのような広い視野に基づいて、継続的な教育カリキュラムの改善と新しい研究テーマの追求を常に行っています。真に豊かな21世紀を目指し、エレクトロニクスと物理工学の更なる融合・発展によって、新たな時代を私達と共に創り出していきましょう。


電気電子物理工学科について

近年の電気電子工学、物理工学は、産業界のみならず日常生活にも密着した基盤技術となっており、その進歩には目を見張るものがあります。当学科では時代のニーズに応えるべく、電力、ロボット、情報通信、エレクトロニクスの電気電子工学だけでなく、応用物理である新しい発光素子、高効率太陽電池、磁性体、高温超伝導体、超耐熱性素材等の機能性材料についても教育・研究開発を行います。また生体からの信号などこれまで見えなかったものを可視化する計測技術や、あらゆるモノを情報ネットワークに有機的に結び付けてスマートな社会を創る情報通信ならびにソフトウェア技術を進歩させ、高度な情報化社会を実現できる人材を育成します。さらにロボットをはじめとする制御技術、新エネルギーの開発、効率的なエネルギー伝送方法の研究などを通じて社会により大きな恩恵をもたらすことができる人材育成をします。

様々な分野で活躍できる優秀な人材の育成に加えて、最新の研究成果の発表等を通じて社会への貢献にも努めていきます。


埼玉大学工学部 電気電子物理工学科の5大特徴

1. 魅力ある電気電子物理工学科

2. 充実した教育と研究環境

3. 優れた進学・就職実績

4. 国立大学の少ない学費

5. 東京に近い総合大学


電気電子物理工学科の沿革

ページのトップへ戻る